埼玉県鴻巣 マッサージ整体|小顔エステ|かっさ痩身 【健康美】

ホーム
健康美について
矯正整体
中国式足裏
若返りかっさ
経絡リンパ

ネット予約

048-594-9559

鴻巣本店:

ネット予約

070-3838-9559

大宮店:

料金表
アクセス
こんなお悩みありませんか?
鴻巣本店
大宮店
頭痛でお悩みの方

眼精疲労、片頭痛、頭が重くてすっきりしない・・・

頭痛外来行ってもなかなか改善しない方におすすめです。

首肩こりと頭痛の関係とは!?

首、肩こりと頭痛が同時に起きるのには、理由があります。

脳には大量の血液が必要なため、首には左右で4本もの動脈が通っています。

首肩こり(肩の筋肉の緊張)になると、首の動脈を圧迫するようになってしまい、血流が悪化します。その結果、脳に対して十分な血液が届かなくなったり、静脈に血がたまってしまい「うっ血」を起こしたりします。

 

そして脳が、酸素不足が起こり、頭痛やめまいの原因となってしまうのです。

 人によっては、頭痛やめまいだけでなく、吐き気、目の奥の痛みなどの症状を訴える人もいるようです。

肩こり頭痛を予防する方法は!?

肩こり・頭痛を解消するために大切なことは、十分に栄養・休養をとってストレスをなくし、心身の疲れを取り除いて、首肩こりをほぐして、血流良くして、酸素送ることです。

【首肩こり頭痛解消法1】ストレッチ

【首肩こり頭痛解消法2】眼精疲労を予防する。

 【首肩こり頭痛解消法3】パソコン環境の改善・休憩をとる。

【首肩こり頭痛解消法4】長時間同じ姿勢をとらない。

 【首肩こり頭痛解消法5】十分な睡眠時間をとる。

【首肩こり頭痛解消法6】メガネやコンタクトレンズの矯正。

 【首肩こり頭痛解消法7】定期的に固まった凝りをほぐす。

 

頭痛や目の疲れに効くツボ:風池(ふうち)

肩こり解消のツボ:肩井(けんせい)

腰痛でお悩みの方

ネコ背、肩甲骨まわらない、腰痛、座骨神経痛、骨盤歪みなどでお悩みの方におすすめです。

 

健康美 ~本格美容整体サロン~はネコ背・姿勢矯正に力をいれています。

あなたが見た目の美しさと健康な身体を同時に手に入れ、維持していくための大きなお手伝いが出来る整体サロンです。

首肩のこり、頭痛、腰痛ネコ背、肩甲骨まわらない、腰痛、座骨神経痛、骨盤歪みなどは姿勢をよくすれば改善できます。

 

大本である骨盤が傾くと、背骨も傾き、体全体に負担がかかるようになってしまいます。体の歪みを改善する為に、健康美の施術では一つ一つ歪んだ箇所の位置を正し、全身筋肉の安定を整え後、ストレッチして骨格矯正します。(ポキポキしません)。そうして全身を整えることで、体の痛みを感じない、整った体にします。

 

健康美の施術法は「即効性」がある為、その場で効果を感じることが出来るでしょう。

いくら揉んでも痛みがなくならない、矯正しても痛みが治まらない、そういった方にこそ、おすすめしたい施術です。

 是非、健康美にお越しください。

アトピーでお悩みの方

痒み、赤みの原因のひとつ過酸化脂質[皮下脂肪]です。

 脂肪燃焼と毒だしと腸を整えることが大事です。

アトピーとは!?

東洋医学では、「肺と大腸」は陰陽の関係でもあり、母子の関係でもあります。一時的に薬など

の治療によって改善されたように見えることもありますが、根本である「肺や大腸」の改善なくして治癒はないと考えます。

 東洋医学で言う「肺や大腸」は、単に西洋医学の臓器だけを見る考えとは違い、人間を「ひとつ」として捉え、その連携、つながりをすべてみていく考え方です。

ですから、アトピー性皮膚炎や花粉症、気管支喘息などの疾患も、東洋医学では「肺と大腸」に関係する症状と言うことになります。

そもそも過酸化脂質[皮下脂肪]とは!?

皮膚は28日ごとに新しい皮膚に生まれ変わります。

 体内で新しい皮膚が作られ表皮へとだんだん上がってくるので、表皮の皮膚は押し出され脂質や垢になります。

 入浴や手洗いなどで洗い流せますが、アトピー性皮膚炎の場合はお肌に溜まってしまうのです。体の老廃物出[毒]せなくなります。

 溜まった状態の皮膚は酸化(錆びる)し痒みや赤みの原因になってしまうのです。

これがアトピー性皮膚炎の原因物の一つ過酸化脂質[皮下脂肪]です。過酸化脂質が多くなると、皮膚が呼吸ができなくなり、どんどん脂肪が集まって、血流が悪くなり、冷え性にもなります。

そもそも毒とは!?

毒の正体はズバリ、体の中に蓄積されたさまざまな化学物質のことが主。

たとえば、食品に含まれている“添加物”だったり、野菜の残っている“残留農薬”、他にも、水質・大気汚染などの有害物質によって汚染された海で被害を受けている“魚”。。。

このようなモノが原因で、私たちは知らず知らずのうちに体に不要なものを取り込んで、排出できずに蓄積してしまっているのですね。。。。体にとって不要なものが体に蓄積されると、“血液がドロドロになりやすくなり、血流が悪くなると、むくんだり冷え性になったりして、代謝が悪くなってしまいます。

腸を整えるとは!?

アトピーの方は強い便秘の方も多くいらっしゃると思いますが、大腸が出すはずの毒素を皮膚からだそうとしているのかもしれません。腸セラピーをされた刺激は、経絡と言うものを伝わり、確実に「肺と大腸」のバランスをとってきれます。身体の排毒機能が回復してくるとアトピー、皮膚の問題はとてもよくなってきます。

そして、できる事として、食物繊維が豊富なものを食べ、脂や糖分の多いものを減らすことが肝要です。それが難しい方は、「フラクトオリゴ糖」を摂り、腸内の善玉菌を増やし、脂や糖分で失われたミネラルを小魚や海草、サプリメントで補うことが大切です。

小顔になりたい方

二重あご、たるみ、ハリ、透明感、ニキビ跡など気になる方におすすめです。

韓国式骨筋小顔マッサージとは!?

骨と筋肉の両方にアプローチしていく手法です。一般的なリラックスするためのマッサージとは異なり初めての方や老廃物が溜まった状態の方は、

少し痛みを伴うことがありますが、眉間やおでこのしわ、頬のたるみなどがスッキリし、驚くほどシャープに引き締まります。少し強めのマッサージです。

若返りかっさ小顔

日本でも話題になっている顔の美容かっさは韓国、台湾ではポピュラーな美容術で、効果の高さから美容法として大変人気があります。

特にリフトアップ、むくみとり は即効性があります。また、顔の美容かっさは小顔効果の高さも特徴的です。

定期的に顔のかっさを行うと新 陳代謝が促進され、しみが薄くなったり、くすみがとれたりする効果もあります。

 

※かっさをすると、経絡のつま りのある部分には、かっさ痕(痧:シャ)と呼ばれる赤や紫の斑点が出ます。 これは代謝の良しあしにもより ますが、数日から一週間で自然に消えます(個人差あり)

 

シミ・たるみ・ハリ・透明感・ シワ・ニキビ・二重あご等悩みの方お勧めです。

痩身・若返りたい方

バスト&ヒップアップしたい、背中肉すっきりしたい

二の腕&太もも細くしたい、ダイエットしたいなど方におすすめです。

病院にいくほどじゃないけど体がだるい

寝ても疲れがなかなかとれない

最近むくんで太りやすくなってきた気がする

 いつも冷えていて体調がすぐれない

 そんな「未病」は体内に毒素や老廃物が滞留している状態。

その原因になっているコリやむくみをじっくりと圧をかけ丹念にほぐし老廃物を運搬するリンパの流れに流しこみ体外に排泄させます。

また「気」の流れを促し、病気の原因と考えられる老廃物の「邪気」も排毒。

 徹底的に体内毒素を排泄することで体質改善、未病改善を図る代替医療のトリートメントそれが「経絡リンパマッサージ」です。

経絡リンパマッサージ

若返りかっさマッサージ

かっさマッサージはかっさ(刮 痧)とは中華圏に伝わる伝統民間療法です。

かっさ板で身体の不調の部分をこすります。「気」と「血」の通り道である経絡にあるつまりをとり、経絡を通すことにより不調を和らげることを目的としています。

 体を擦り、脂肪燃焼し、毛細血管に圧力をかけることで、血液内部に溜まった毒を押し出すマッサージ法です。

 

かっさをすると、経絡のつまりのある部分には、かっさ痕(痧: シャ)と呼ばれる赤や紫の斑点が出ます。

これは代謝の良しあしにもより ますが、数日から一週間で自然に消えます。

 

こんなお悩みにおすすめ!

 1バスト、ヒップアップしたい

2背中肉すっきりしたい

3二の腕、太もも、足細くした い

4ダイエットしたい

5冷え症、生理不調、生理痛改 善したい

6胃もたれ、胃炎改善したい

当サロン オリジナル 膝関節療法

膝関節水溜り、正座ができない、階段の上り下りができないなど、お困りの方は是非一度お試しください。

 

膝の痛みや違和感の原因はさまざま。長期間膝を酷使してきた人はもちろん、姿勢に癖がある人は体重のかかる部位が偏り、膝に余計な負担をかけてし まうことがあります。

減量で膝の痛みが軽減するケースももあります。「減量したら膝の痛みも改善された」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、肥満や急激な体重増加は、膝の痛みを引起すリスクが高く なります。

 歩くだけでも、自分の体重の約3倍の重みが膝へかかるのですが、もし10キログラム体重が増えてしまった場合、膝への荷重は約30キログラム増加とうことになってしまいます。肥満により運動が億劫になると、膝を支える筋力も衰え、膝にとっても良くない状態が続くことになりかねません。

 

1腰の痛みから膝の痛み。

2太ももの筋肉の衰えO脚・X脚の影響。

3肥満や急激な体重増加は、膝の痛みを引起す。

 4年齢供に膝回り脂肪が増え、ヒアルロン酸減り、炎症起こして、、水がたまる。

5スポーツなどによる膝の酷使

健康美について

中国式足裏

ブログ

お問い合わせ

Copyright ©2018 kenkobi All Rights Reserved